国家風景区ポータルサイト

東北角および宜蘭海岸Northeast and Yilan Coast

東北角海岸風景特定区は台湾の東北の角に位置しています。山と海に挟まれ、入り江がくねくねと入り込んでいるため、めずらしい岩石もたくさん見られます。海食地形、さらさらとした砂でできた黄金色の砂浜、史跡や民族色、海洋生物の生態が豊かなだけでなく、自然生態の観察と観光レジャーにうってつけのところ。

海と山にはさまれた東北角海岸は、山脈が海岸に隣接していて、陸地と海岸からなります。陸地は阿玉粘板岩山地と三貂嶺山地を含む丘陵地。主に和美山、福隆山、荖蘭山、桶盤掘尖山などの山がそびえています。海岸は三貂嶺を境にして、三貂角から北は海岸線の変化が激しく、岬や岸壁、入り江などがあります。三貂角から南の海岸線は比較的平坦で、海食が進んだ台地や山地から形成されています。南雅地区のほとんどは風化紋地形。鼻頭角は東北角海岸の地形地質の集大成ともいえるところで、いろいろな海食地形があちこちで見かけられます。海食が進んだ崖やへこんだ岩壁、台地の形はとくに美しく、鼻頭角の台地からは「茸状石」、「蜂の巣岩」、「豆腐岩」、化石などいろいろな形の岩群が眺められます。

鼻頭角の北側には鼻頭湾があり、南側には断層が陥没してできた龍洞湾があります。龍洞湾の南側には龍洞岬があり、そこには稜砂岩でできた岩壁がそりたっています。台湾の北部は岩質が固く、最も規模が大きい岩場。莱莱、鶯歌石一帯は海食台形がいちばんよく発達しているところ。北関は東北角海岸で単斜脊地形がよく発達した地区で、壮麗でお行儀よく並んだ「豆腐岩」も見られます。

位置:

管理処住所:新北市228貢寮区福隆里興隆街36号
電話: +886-2-24991115