国家風景区ポータルサイト

花東縱谷East Rift Valley

この一帯には、緑の山々、清らかな渓谷が広がり、そして山中より伏流してきた泉があちこちに湧き出しています。その恵みを受けて稲作のほか金針、ブンタン、茶、釈迦頭などいろいろな野菜な果物が栽培されています。さらに、「蜜とミルクが流れる地」と称されるように、河には宝の石を産し、山にはさまざまな鉱物があり、ないものはないといわれるほど豊かな資源に恵まれています。

花東縦谷は台湾東部に位置し、中央山脈と海岸山脈に挟まれた細長い平原地帯です。美しい田園風景、豊かな自然資源、独特の文化財産など観光客のみなさんも、さまざまな楽しみ方にチャレンジできます。専門家と関係機関の手による調査研究を通じて、当地は国家風景区の指定を受け、1997年5月1日に国家風景区管理処が設置されました。台湾にとって、東北角&宜蘭海岸、東部海岸、大鵬湾、澎湖に次いで五つ目の国家風景区の誕生でした。ついで馬祖、日月潭と、現在七つの国家風景区があります。

縦谷の両側に中央山脈と海岸山脈と二つの山脈が走っています。省道台9号線から、左右に見える稜線が風景区の東西の境界になります。そして、北は木瓜渓から南は台東市まで面積は138,386haに及びます。区内には、花蓮県の秀林郷、寿豊郷、鳳林鎮、光復郷、瑞穂郷、卓渓郷、萬栄郷、玉里鎮、富里郷、そして台東県の池上郷、関山鎮、鹿野郷、海端郷、卑南郷、延平郷など15の町や村があります。

位置:

管理処住所:〒978-44 花蓮県瑞穂郷鶴岡村17隣興鶴路2段168号
電話:886-3-887-5306 ファクス:886-3-887-5358